コドミン口コミ情報まとめ

落ち着きがない・集中力がないお子さんにコドミンの口コミが話題に!

コドミン口コミについての情報を調べています。

【9歳 男子のママ】

幼稚園の頃から他の子と比べると落ち着きがなく、気になっていました。小学生になってから担任の先生に相談すると「ADHDの可能性はあります」と言われました。子どもにも病院へ連れて行く理由を上手く伝える自身が無かった時に「コドミン」のことを知り試してみました。飲み始めて3ヵ月経った頃から家でも少しずつ落ち着くようになり、先生からも以前に比べると「授業中も集中できるようになりました」と連絡を受け、親としてはとても嬉しいです。


子どもの成長でこのような心配ありませんか?


コドミン集団での行動が難しい

コドミン先生の指示を聞くことができない

コドミン注意が長続きせず、気が散りやすい

コドミン落ち着きがない

コドミン忘れ物が多い


日本では、ADHDの症状を持つ子供が約300万人もいると推定され、小学校から中学校、6歳~15歳の子どもの中で、約7~10%くらいの割合でADHDの特徴があてはまるといわれています。

1クラスに2~3人程度という感じになります。ADHDは遠い存在ではなく、非常に身近な発達障害のひとつと言えます。

しかしADHDは発達障害ゆえに、対応に悩む親御さんも少なくありません。そんな時に役に立つのがサプリメント『コドミン』です。

コドミンは、落ち着きや集中力をサポートする効果が期待できると人気になっていますが、「本当にADHD効果があるの」「副作用がないか心配」と、思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「コドミン」の人気の理由を、

コドミンどのような成分が成長に働きかけてくれるのか?

コドミン副作用はないのか?

コドミン本当に効果はあるのか?


これらを基準に、検証してみたいと思います。

「コドミン」について正確な情報が知りたい方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

コドミン販売サイトへ

コドミンが口コミで効果がある理由を徹底検証!

このコーナーには、コドミン口コミについて当サイトが独自の視点で情報収集したものを、コンテンツとして掲載していきます。

コドミンADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?


コドミン

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことです。 年齢や発達に不釣り合いな行動が社会的な活動や学業に支障をきたすことがある障害です。

原因としては、脳の神経伝達物質(脳内の神経細胞の間で情報をやりとりする物質)であるドーパミンやノルアドレナリンの働きがADHDの方では不足気味であることがわかっています。

これらの神経伝達物質の機能が十分に発揮されないために、ADHDの症状である不注意や多動性が現れるのではないかと考えられています。

コドミン本人に伝えることの難しさ


子どもに「発達障害がある」という事を、いつどうやって告知したらよいのでしょうか。そもそも告知をしたほうが良いのか、悪いのか、多くの保護者が悩むことだと思います。

告知でマイナスになるとすれば「障害」と言う言葉のイメージと、差別や偏見というものから来るショックなのではと思います。

治らない障害だから頑張っても仕方がない、自分はダメだと自暴自棄になる。

このようにマイナス面にとらわれると、二次障害と呼ばれる、うつや引きこもり、不登校、家庭内暴力などにつながることもあります。ADHDの場合、ADHD症状そのものよりも二次障害のほうが問題が大きいと言われています。

コドミン薬物療法「コンサータ」


ADHDのある人の脳内では、ドーパミン等の働き方が弱く神経伝達がスムーズに行われていない可能性が指摘されています。

本来、神経細胞から放出されたドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質は、隣の神経細胞の神経伝達物質受容体に結びついて情報を伝達します。

その後、受容体に結びつかなかった神経伝達物質は、トランスポーターとよばれる取り込み口から元の神経細胞に再び取り込まれます。(再取り込み)

ところがADHDの人の場合、そのトランスポーターが過剰に働き、神経細胞から放出されたドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質を再取り込みしすぎてしまい、情報が伝達されにくい状態になっていると考えられています。

コドミン

コンサータは、脳内の神経細胞の間で情報を伝える役割を果たしている神経伝達物質ドーパミンやノルアドレナリンを活性化させるため、トランスポーター(再取り込み口)による「再取り込み」の働きを抑制し、シナプス間隙(神経細胞と神経細胞の隙間)のドーパミンやノルアドレナリンの濃度を高めて、それらの神経伝達物質がそれぞれの受容体に結びつきやすくする作用があります。

結果として、神経伝達物質による神経伝達がスムーズに行われるようになるため、自己コントロールが効くようになり、ADHDの症状が改善されるというわけです。

ただ、コンサータを使っても症状を抑えるだけで、ADHD自体は治りません。また、薬以外にも完治させる方法もありませんし、自然と治るようなものでもありません。

つまり、よほど医学が進歩して画期的な治療方法が確立されない限り、長く使い続けることになります。ところが、コンサータの副作用は強めで、習慣性・依存性もあります

ADHDの対応で肝心なことは「早期発見、早期療育は障害の軽減や改善が目的ではなく二次障害を発症するリスクを軽減させる」ことです。

コドミンコドモのミカタ「コドミン」の効果は?


コドミン

コドミンのメリットは、

コドミン子供に告知をためらっている

コドミンコンサータの副作用が心配

コドミンもしかしたらADHDかも?

コドミン子供を病院へ連れて行く決断ができない


このような悩みを抱えている親御さんにおすすめです。

コドモのミカタ「コドミン」に配合されているホスファチジルセリンとは、人間の体を構成する約60兆個の細胞の膜に存在するリン脂質の一種です。

リン脂質とは、細胞膜を形成する主な成分で、体内で脂肪が運搬・貯蔵される際にたんぱく質と結びつける役割をし、情報伝達にも関わっています。

ホスファチジルセリンは、脳や神経組織に特に多く存在し、人間の場合では脳の全リン脂質の約18%を占めており、「脳の栄養素」と呼ばれるほど情報伝達において重要な役割を果たしています。

コドミン

ホスファチジルセリンは、脳の細胞膜を構成しているリン脂質の一種ですが、食物由来のホスファチジルセリンは一度分解されてから脳内に入り、再合成されることで脳の栄養となります。

再合成されたホスファチジルセリンは、脳内に入り再合成されると、アセチルコリンやドーパミン、セロトニンといった神経伝達物質を生産し分泌量を増加させます

これによって、神経伝達物質の化学的な作用と電気信号がニューロン間(脳にある神経細胞)でスムーズに行われ、情報伝達システムが高まり、記憶力の保持や増強など、脳細胞の新陳代謝が活発になります。

ホスファチジルセリンは水になじみやすい性質があるため、細胞の内外両方に作用し、脳細胞の働きを強化する効果が期待できます。

また、ホスファチジルセリンは脳細胞の膜を柔らかくする作用があります。

もともと細胞膜は、有害な物質が細胞の中に入るのを防ぐ「フィルター」の役目を持っています。人間のからだの中で、もっとも重要な器官は脳なので、それを構成する細胞膜にも高いフィルター機能が備わっています。

しかし、そのフィルターが強すぎると、今度は脳細胞に必要なものまで通さなくなります。つまり、栄養素や酸素が細胞内に入っていけなくなるのです。また、細胞内の老廃物も外に出せなくなるので、脳細胞の新陳代謝が停滞することになります。

脳細胞のフィルターが効きすぎるのは、細胞膜が硬いことが原因のひとつです。そこでホスファチジルセリンの出番です。ホスファチジルセリンは細胞膜を柔らかくする作用があるため、脳の細胞膜にこの栄養素がたくさんあれば、フィルター機能を維持しつつ、膜の柔軟性も保てるようになるのです。

細胞膜がやわらかくなれば、酸素と栄養素が細胞内にしっかり行きわたり、脳細胞同士の情報伝達を高める働きもあります。脳細胞は、神経伝達物質の発信・受信によりネットワークを形成し、様々な感覚を司っています。

この発信部と受信部の接合部をシナプスといい、この周りにホスファチジルセリンがあることで、より多くの情報を伝達できるようになるため、頭の回転が速くなるといわれています。

コドミン副作用の心配は?


「コドミン」に配合されているホスファチジルセリンは、大豆を原料にして作られています。現時点では、非常に安全性の高い物質と考えられ実際、今までに膨大な数の臨床試験が行われていますが、重大な副作用は報告されていません

コドミン

しかし、大豆アレルギーのある方は使用を控えたほうが無難です。

また子供が飲むものですから安全も大事です。コドミンは、日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定を持つ、国内優良工場で生産しています。

医薬品の製造実績もある工場で、医薬品と同じレベルでの製造・品質の管理を行っています。


コドミン

コドミンを実際に試した本音の口コミ紹介!

コドミン

【10歳 男子のママ】

私の息子は4年生ですが、何度言っても忘れ物が多く初めの頃は話を聞いていないのかと思い、怒ったことも何度もありました。その時は返事をするのですが、すぐ忘れるの繰り返し。さらに部屋も片付けることができず、これはおかしいと思いネットで調べてみるとADHDの症状に当てはまるものばかりでした。病院へ連れて行こうか主人とも話をしましたが、風邪とは違い、どう息子に説明すれば良いのか困っている時にこちらのサプリを知り購入しました。半年飲んでいますが、劇的な変化は見られませんが飲む前と比べると落ち着いて話を聞いてくれる事が増えてきました。そして、副作用の今のところないので安心しています。

【7歳 男子のママ】

家では「落ち着きがない子だな」と、思っていましたが授業参観の時に子どもの様子を見て心配になりました。先生が話をしているのにそれを遮って、勝手に話を始めてしまう。その後、先生と話をし、先生も「もしかしたら」と思っていたようですが、とても難しい問題で先生も私たち夫婦に話をしようか悩んでいたようです。ADHDが原因でいじめに会ったり将来大丈夫なのか?と不安になったことを真剣に考えていました。ですがコドミンを飲んでからは、先生からも「落ち着いていますよ」との言葉に安心し、今では不安もかなり減りました

【12歳 男子のママ】

クラスに2~3人いると言われるADHD。まさか自分の子どもがそうだと分かった時には正直、ショックでした。息子に真実は伝えられずごまかして病院へ連れて行きコンサータをもらいました。コンサータを飲み始めてからは別人のように落ち着きを取り戻し、集中力も増してきましたが、「何か息子と違う」「薬にコントロールされている」そう考えると、親として「本人のためなのか?」「これで良いのか?」と思いました。ネットで色々と調べている時にコドミンのことを知り、悩みましたが試してみました。半年ほど経ちますが、状態が悪くなったと言うことはありません。向精神薬から大豆由来のサプリメントになったことで、親としても気持ち的に楽になりました。この先どうなるか分かりませんが、このまま続けてみたいと思います。

コドミン販売サイトへ

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。

出会い無料